LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 本ソフトは、1987年来の教務用ソフト開発のノウハウを基盤とした、学校帳票専用の作成ツールです。
 
         


























  
 


導入後のシステム構築について



本システムのデータ管理法について



パラメータ記述式について(1)



パラメータ記述式について(2)



パラメータ書式の編集機能について



通知表印刷の行われ方について   



選択教科の取り扱い方について



家庭への連絡など、文章データの取り扱いについて



家庭への連絡など、文章データの印刷について    



校章や学級の記念写真などの画像組み込みについて     



WEBページ型の活用マニュアルについて

 

パラメータの書式を記述するだけで、通知表の様式体裁を作成したり、さまざまなデータの印字が行えるのですか。
はい、行えます。

通知表のサンプルとして、こちら
のプレビュー画面をご覧ください。

生徒写真の右に、生徒や担任の先生の欄が設けられていますが、この欄の様式体裁やデータを印字するためのパラメータ書式
は、次のようになります。

[様式体裁]
\4/ h/ 6 + f7/ 7 - f7/ 13/ 14/ "第 学年 組"/ 1
\4/ h/ 5 + f3/ 6 - f3/ 13/ 15/ "生徒"/ 1
\4/ h/ 5 + f3/ 6 - f3/ 15/ 16/ "保護者"/ 1
\4/ h/ 5 + f3/ 6 - f3/ 17to18/ 18to19/ "校長","担任"/ 1


[データ]
\1/ h/ 6 + f10/ 6 + f19/ 13/ 14/ setdata_ENNDD2/ 1.2
\1/ h/ 6 + f27/ 6 + f34/ 13/ 14/ setdata_ESTTD10/ 1.2
\4/ h/ 6 + f8/ 7 - f8/ 14/ 15/ setdata_ESTTD1/ 1.5
\1/ h/ 6 + f7/ 7 - f7/ 15/ 16/ setdata_ESTTD13/ 1.4
\1/ h/ 6 + f7/ 7 - f7/ 17to18/ 18to19/ setdata_ESCHD1to2/ 1.4

一見しますと難しそうに見えますが、内容は極めて簡単なものです。

(1) \マークの次の[ 1 ]は[中央揃え]、[ 4 ]は[均等割り付け]を意味します。

(2) 次の[ h ]は[横書き]を意味します。

(3) 次の4つのパラメータは、どこに印字するかを指示するもので、
  [ x1/ x2/ y1/ y2 ]を表します。

(4) 次は、(3)の位置に何を印字するかを記述したものです。
  [
ENNDD2 ]や[ ESTTD10 ]などはデータコードですが、自動書き出し機能により、
  個々のコードを覚えていただく必要はありません。

(5) 末尾のパラメータは、フォント関連の内容です。

パラメータの内容は、おっしゃるように随分、簡素なもので、こうした記述をすれば、通知表ができてしまうんですね。

でも、1行ずつというのは、骨が折れるように思いますが。
そうした意見も聞かれました。

そこで、この点は、発売開始を前にして改良され、現在は、下の図でご覧いただける「
書式自動書き出し」機能が装備されています。



それは、草稿にあたる書式が自動的に書き出されるという機能です。これにより、必要な箇所に、必要なことを書き足すだけで、書式が完成してしまいます。

また、図に見られるように、書き出し草稿の中にコード番号も含まれますので、300を越える文字、画像、データのコードについても、いちいちコード表で確認する必要がなくなりました。
 
さらに、書き出す行数を自由に指定できますので、同じような内容の場合は大変便利ですし、書き出された書式は、ドラッグ&ドロップや、コピー&貼り付けで、エディタ領域に転写できるのも便利です。
         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.  <tx-project.com>