LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 本ソフトは、1987年来の教務用ソフト開発のノウハウを基盤とした、学校帳票専用の作成ツールです。
   
         


























  
 


導入後のシステム構築について



本システムのデータ管理法について



パラメータ記述式について(1)



パラメータ記述式について(2)



パラメータ書式の編集機能について



通知表印刷の行われ方について   



選択教科の取り扱い方について



家庭への連絡など、文章データの取り扱いについて



家庭への連絡など、文章データの印刷について    



校章や学級の記念写真などの画像組み込みについて     



WEBページ型の活用マニュアルについて

 

「通知表まるごと作成プロジェクト」のシステムを構築するのは難しくありませんか。

私たちの手で、できるものでしょうか。
Windowsに関して基本的な知識をお持ちの方であれば、簡単に行うことができます。

システム構築の手順は、次の通りです。
   
手順1 画面説明に従ってインストールを行います。
手順2 ユーザー登録を行います。
手順3 画面説明に従ってマニュアル関連のファイルをコピーします。
手順4 マスターファイルを作成します。
 
こちら
から、マスターファイルの作り方を説明した、マニュアルファイルのサンプルをご覧いただけます。

以上の作業にて、本システムの構築は終了します。

その後、[入学年の登録]ウィンドウから、例えば、「平成18年」を登録することにより、「平成18年」に入学した生徒のデータ処理を開始することができます。

システム全体の見通しが良くない場合、現在の作業がどのような段階にあって、次に何をしたらよいか分らなくなる場合があります。

「通知表まるごと作成プロジェクト」では、こうしたことがないように、何か工夫が施されていますか。
本システムは、このために様々な工夫が施されています。

1.メニュー構成

まず、親ウィンドウのメニュー構成について説明させていただきます。

通知表の作成に関わる諸ウィンドウの呼び出しは、分かりやすく、入力、登録、通知表の3つに分類したメニューから行えるようにしています。



生徒のデータ入力なら[入力]、通知表の作成に関わる作業なら[通知表]にマウスポインタを合わせていただければOKです。

種々の項目を含む[登録]メニューについては、素早く目的のウィンドウが開けるように、内容別に3つのグループに分類しています。

入力 登録 通知表
評定や評価、出欠席関連のデータなど、生徒に関するデータの入力を行います。
学校データの登録
ユーザー校に関する基本データを登録します。
パラメータの書式の入力や通知表の印刷を行います。
入学年別の登録
生徒名簿台帳など、1つの入学年で共通に使用するデータの登録を行います。
年次別の登録
学級担任の先生のご氏名や教科に関するデータなど、年次ごとに変わる可能性のあるデータの登録を行います。

   
2.フローチャートヘルプ

次に、マニュアルファイルに用意されているフローチャートヘルプについて紹介します。

これは、数々の処理手順を流れ図で説明するもので、現在の作業が全段階のどこに位置しているかが、視覚的に掌握できるように組み立てられています。

こうした構成から、本ヘルプの活用により、現在の作業と、前後の作業とのつながりを完全に把握しながら処理を進めることが可能となります。

  
3.処理進行の案内

3つ目として、活用マニュアルで処理の進行を案内する「〜を行う前に」を紹介します。

これは、目的の作業を行う前に、どのような作業を完了しておく必要があるかを順を追って説明するものです。

本説明とフローチャートヘルプを合わせてご活用いただくことにより、システム構築後、処理進行に戸惑われること無く各処理に取り掛かることができます。

         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.  <tx-project.com>