LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 本ソフトは、1987年来の教務用ソフト開発のノウハウを基盤とした、学校帳票専用の作成ツールです。
役立ち技術情報
  
通知表に印字する目標や説明の表記文について、その入力機能と書式の綴り方について説明しています。
  掲載の画像は、イメージプレビューからのものです。



表記文は、通知表の体裁を作成するために埋め込む文字列を指します。

( A図 )の「教育通知表」や「基本目標」などの文字列については、次のように、パラメータとして記述することになりますが、

      / f73/ f78/ "基本目標"/ 2.5$HG正楷書体

枠内の文字列のような場合は、長い上に、改行コードも含みますので、直接パラメータとして記述することはできません。

これを補助するために設けられているのが、最大50の文字列が入力できる[表記文の入力]機能( B図 )です。

こちらで入力していただく文字列の場合は、文字の配置が、入力時のイメージのままに印字されます。

また、この場合、文字列はコード化されますので、1行のパラメータ書式で、複数の文字列を印字することも可能となります。

      / 15 to 17/ 16 to 18/ SBMU5 to 7/ -1






上の書式の例に、もう1つ重要な点があります。

末尾に、フォント関連のパラメータとして[ -1 ]が記述されています。

これは、「表記文に付されたフォント関連の属性を、印刷時に参照する」ことを表すもので、表記文の場合に限って使用できる設定値です。

これを[ 1 ]とした場合、表記文は、通常の印字書式の場合と同じに扱われ、フォントは[MS 明朝]、フォントの大きさは標準の[ 1]で印字されます。
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.  <tx-project.com>